Biography

Photo by Toru Kajioka

宮本 貴史 | Takashi Miyamoto

音楽家、VJ、メディアアート作家。1992年に東京に生まれる。2011年に国立音楽大学に入学しコンピュータ音楽を専攻する。2014年に首席で卒業し有馬賞を受賞。同年に国立音楽大学大学院に首席で入学し、奨学金を授与される。2017年3月に大学院を卒業し、現在フリーランスで創作活動を行っている。またメディアアーティストグループ「Tokyo Media Interaction」の代表も務めている。

2013年にプレスクリヤン2013(Presque Rien Prize 2013)のファイナリストに選出される。2015年に国際コンピュータ音楽会議、上海電子音楽祭2015(Shanghai Electronic Music Festival 2015) に入選。上海電子音楽祭2015ではcreative works賞を受賞。2016年にはニューヨーク電子音楽祭(The New York City Electroacoustic Music Festival)、ソウル国際コンピュータ音楽祭2016(Seoul International Computer Music Festival 2016)、ソノリティズ現代音楽祭2016(Sonorities Festival of Contemporary Music 2016)、ムエストラ国際電子音楽祭(the Muestra Internacional de Música Electroacústica 2016)に入選。2017年には北アルプス国際芸術祭にて”おおたか静流 with 藤本隆行「光影」”の音響オペレーションを努める。同年OUA Electroacoustic Music Festival 2017に参加。ICMC/EMW2017に委嘱作曲家として招聘される。

またビジュアルアーティストとしても活動しており、自身の作品に視覚表現を用いるだけでなく、VJとしてパフォーマンスも行っている。2015年にはチャネル#122016年にはSINUS TON 2016に今井慎太郎のVJとして参加。また、Tokyo Media InteractionVJチームのメンバーとして、2016年にはJAZZ SUMMIT TOKYO 2016 Winterに参加した。AltogetherのライブにVJチームとして数回参加している。2017年にはチャネル#16に松本昭彦のVJとして参加。2018年には「MAXimized at Bullets~ 僕らはブレッツで大きくなった」に松本昭彦のVJとして参加し渋谷慶一郎、evala、古舘健、國本怜、徳井直生と共演。TAMA Contemporary Music and Art Festival 2018にて平山晴花とのコラボレーション作品を発表。

Takashi Miyamoto | 宮本 貴史

Takashi Miyamoto is an artist of computer music, visual, and media art. He was born in Tokyo in 1992. In 2014, he graduated from Kunitachi college of music at sonology department and got the Arima award. He studied composition and computer music with Takayuki Rai, Kiyoshi Furukawa and Shintaro Imai in the master course of Kunitachi College of Music from 2014 to 2017. He graduated from the master course and he is active as freelance based in Tokyo.

His works were selected at the Prix Presque Rien 2013, at the International Computer Music Conference 2015, at the New York City Electroacoustic Music Festival 2016, at Seoul International Computer Music Festival 2016, at Sonorities Festival of Contemporary Music 2016 and at the Muestra Internacional de Música Electroacústica 2016. He also won the third prize at the Shanghai International Electronic Music Week in 2015. He performed a commissioned work at ICMC/EMW 2017. In 2017, He attended at the Northern Alps International Art Festival for the sound operation of “Sizzle Otaka with Takayuki Fujimoto “Koei“”.

He also works as a visual artist, and not only uses visual expressions for his work but also performs as a VJ. He participated in channel #12 in 2015, SINUS TON in 2016, as a VJ with Shintaro Imai. He also participated in channel #16 as VJ with Akihiko Matsumoto.