News | Works

Photography - 伊藤 太郎

バイオリニストの伊藤太郎氏の写真を撮影いたしました。

伊藤太郎

5歳よりヴァイオリンを始める。国立音楽大学附属高等学校を経て2017年3月、国立音楽大学を首席で卒業。同時に矢田部賞を受賞し、皇后陛下が主催する皇居内桃華楽堂での御前演奏、第87回読売新人演奏会等に出演。2017年4月、国立音楽大学大学院に奨学生として入学、現在修士課程2年に在籍中。
在学中、大学より奨学金を受け二年連続で霧島国際音楽祭に参加し、Svetlin Roussev、藤原浜雄各氏のマスタークラスを受講。また学部時代に行われた大学創立90周年記念演奏会、オーケストラ定期演奏会等において同大学の学生として初めて大学所有の1723年製ストラディヴァリウス「ヨアヒム」を貸与された。
2013年、2017年の日本モーツァルト青少年管弦楽団のヨーロッパ公演ではウィーン楽友協会等でソリスト、コンサートマスターを務め、共演のアーティストからも絶大な信頼を得ている。
第16回大阪国際音楽コンクールエスポワール賞他、入選、入賞多数。これまでにヴァイオリンを佐久間礼子、奥田雅代、小森谷巧、久保田巧の各氏に、室内楽を青木高志、漆原啓子の各氏に師事。
2015年度明治安田クオリティオブライフ音楽奨学生。