News | Works

Video Production To come into my focus

To come into my focus

※映像撮影・編集を担当いたしました。

 

Composer: Jiang Siting

SiTing Jiang (China, 1986) studied composition and computer music with Shintaro Imai, Takayuki Rai, Keiichi Morigaki, Jacopo Baboni- Schilingi, Cort Lippe and Cathy Cox. He is a PhD student at Kunitachi College of Music in Tokyo. SiTing’s compositional activity focuses on aesthetic reflexions of musical time and new concepts of measuring and scheduling sound events. He received the Most Creative and Talented Award at the International Electronic Music Week 2013 hosted by Shanghai Conservatory of Music.
Website: http://www2.kcm-sd.ac.jp/

Percussion: 悪原至

1988年生まれ。国立音楽大学を矢田部賞受賞し卒業。その後同大学院修士課程修了、同時に最優秀賞受賞。
数々のコンクールで受賞歴があり、第23回日本クラシック音楽コンクール第一位グランプリ、第16回KOBE国際音楽コンクール最優秀賞受賞など、4つのコンクールで第1位相当の賞を受賞。
2013、2015年にソロリサイタルを開催し好評を博す。安部圭子国際マリンバアカデミーのプレミアムコンサートにソリストとして招待されるなどその活動は注目を集め、2015年5月発売のバンドジャーナルに注目の若手アーティストとして紹介された。
打楽器アンサンブルグループ「フォニックス・レフレクション」に所属し、クロアチアやルーマニアで行われた打楽器の国際フェスティバルに、また西村朗氏作曲の室内オペラ『バガヴァッド・ギーター』の初演及びNHKでのテレビ収録に参加。
国立音楽大学附属中学・高等学校の打楽器非常勤講師として後進の指導にもあたっている。