News | Works

Music - 24 hours music Vol.1

24 hours music Vol.1

世界は、時代とともに緩やかにうるさくなってきていると思います。
視覚による情報は飽和して、聴覚による情報が増え、音の隙間がどんどんなくなってきているように思います。

そこで、僕は「静か」を音で表現してみることにしました。「静か」は「無音」とは違います。「無音」は人を不安にさせると思います。

私は、私がこのうるさい世界で生きていくために、「透明なガラス」や「霧」のような曖昧で弱い存在としての「音」が必要でした。

もしかしたら、それはあなたにも必要なものかもしれません。

あなたがこの世界で心地よく生きていけることを願います。

24 hours music Vol.1

I think the world has become gradually noisier over time.

Visual information is saturated, and the number of things that are to be perceived by the auditory sense is increasing, and it seems that the gaps between sounds are rapidly disappearing.

So I decided to try to describe “quiet” in terms of sound.

“Quiet” does not mean “silent”. “Silent” makes people feel uneasy.

I needed sound as an ambiguous entity like “clear glass” or “fog” to help me live in this world.

Perhaps that is what you need as well.

I hope you can live pleasantly in this world.