Locus of Flow

「描く」行為とは、物同士を「擦る」行為であり、それは「演奏」行為である。

という定義のもと、視覚と聴覚を同時にコントロールした、新しい時間構築の可能性を模索しているサウンドパフォーマンスユニット。

Members

Drawing – Shiori Sasaki

2013年、第一回ウェブ・サウンド・クリエイ ター・コンテストに入選する等、作曲家とし て活動を開始。現代音楽セミナー「秋吉台の夏」や武生国際音楽祭に参加などを経て、 2018年ACL青年作曲賞日本代表に選出されアジア音楽祭台湾大会に招待参加。また同年ドローイングエレクトロニカユニット「Affine」 として2回ライブを行う。作曲・パフォーマンスを通じて「音をきく」をコンセプトにしており、描画を用いた音の視覚化などを試みている。

 

Electronics – Takashi Miyamoto

音楽家、VJ、メディアアート作家。1992年に東京に生まれる。2011年に国立音楽大学に入学しコンピュータ音楽を専攻する。2014年に首席で卒業し有馬賞を受賞。同年に国立音楽大学大学院に首席で入学し、奨学金を授与される。2017年3月に大学院を卒業し、現在フリーランスで創作活動を行っている。またメディアアーティストグループ「Tokyo Media Interaction」の代表も務めている。

 

Direction – Moe Handa

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。コンサート・オペラの制作スタッフを経て現在は某芸術劇場勤務。LoFにおける”普通のひと代表”兼企画制作担当。