News | Works

New Project - 一昨年

一昨年

2020年9月に発足した宮本貴史と伊川佐保子によるユニット。

2005年、東京・杉並区で出会い、特に意気投合することもないまま5年がすぎる。それぞれが音楽・美術大学に入学したことから、芸術について意見を交わし、音と言葉を用いた作品の可能性を模索するようになる。

2019年、伊川による会員制本屋「ほんやのほ」開店にあたり、宮本に店内楽曲の作成を依頼。現地視察を経て、一瞬一瞬で音が変化する音響システム「osmosis」が制作され、本屋開店時間中、店内に流れ続けた。

2020年9月「一昨年」を発足し、現在に至る。

宮本貴史(音)

サウンドアーティスト、VJ、メディアアート作家。1992年に東京に生まれる。2011年に国立音楽大学に入学し、コンピュータ音楽を専攻する。2014年に同大学を首席で卒業し有馬賞を受賞。同年に国立音楽大学大学院に首席で入学し、奨学金を授与される。2017年3月に同大学院を卒業する。Tokyo Media Interaction代表、株式会社coton開発メンバー、「1÷0」等のアーティストグループのメンバー。

Takashi Miyamoto Official Website

  • ディフラツィオーニマルチメディアフェスティバル2019、ICMC/NYCEMF2019など多数のコンペティション、音楽祭に入選。
  • 上海電子音楽祭2015でcreative works賞を受賞し、ICMC/EMW2017に委嘱作曲家として招聘される。
  • 2018年、黒田鈴尊らとユニット「1÷0」を結成し、電子音響、VJとして参加。
  • 北アルプス国際芸術祭2017の「光影 Light& ShadowConcert」にてライブエレクトロニクスを担当。
  • 2019年11月にはTokyo Media Interactionとして金沢アートグミにてインスタレーション作品「In the Garden」を展示。
  • 2019年、株式会社cotonに加入し、KDDIによるARサービス「Audio Scape」、SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STOREのBGM生成システム、カフェノイズ生成アプリ「mimicafe」などの開発に携わる。
伊川佐保子(詩)

1992年東京生。2020年より北海道在住。

2014年、武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業。在学中から小説やことば遊びなどの制作を続ける。

2019年東京・日本橋大伝馬町にて、会員制本屋「ほんやのほ」を11ヶ月運営。回文ワークショップ「よむうたうむよ」主催。2019年「てのひら古道具市」主催。

執筆・掲載歴